オーディションでも使える! 面接の瞬間から仕事のチャンスを獲得する方法(1)

オーディションでも使える! 面接の瞬間から仕事のチャンスを獲得する方法(1)のタイトル画像 高橋睦実の「モデルバイブル」

外国人モデル事務所「株式会社フリー・ウエイブ」代表・高橋睦実の、モデルとして成功するための「モデルバイブル」。

「モデル事務所に面接に行くことが決まった!」

「何に気をつけたらいいの?」

面接やオーディションは、モデルになる夢への、第一歩。
ファーストインプレッションで好印象を与えることができれば、合格の確率が上がるうえに、何より、スムーズに仕事のチャンスに繋がります。

今回は、外国人モデル事務所のフリー・ウエイブの面接スタッフにも登場してもらい、実際の流れにそって、面接やオーディションで押さえてほしいポイントをお伝えします。

日本で働くにあたって、色んなところで使えるテクニックなので、ぜひ参考にしてください!

登場人物の紹介

睦実
株式会社フリー・ウエイブの代表。モデル業界歴は2019年現在、28年目に突入。チーズとナッツ、毛の長い猫が好き。

サバ缶(男)
これまで面接したモデル人数は100人以上。現場通訳も行い、映像関係の仕事にも就いていた。現場を知る最年少スタッフ。

くっつー(女)
元別事務所のマネージャで、現在は主に面接を担当。ダンサー経験があるため(?)全身を使ったモノマネが上手い。たまに海外に放浪しにゆく。

Kaori
聞き手&文。広報。モデル面接Web登録フォームもディレクション。飲みの席や給湯室、独り言など、マネージャたちのぼやきも参考にしている。

①モデル面接「事前の説明を読む」

やっぱりプロフィール登録から面接が始まっています

Kaori:
フリー・ウエイブでは、まずWeb登録フォームからプロフィールを送ってもらいます。
そして条件がマッチする人に面接の予約方法を返信しています。

睦実:
この時点で、「説明を読んでないな」と思うような問合せが来ると、困るんですよ。
理解力が低いと判断しますし、仕事は基本的にメールで依頼するので、「このひと、大丈夫かな」と、印象がよくないです。

Kaori:
返信メールや説明のWebページはよく読んで、メールの操作にも慣れておいたほうがいいですね。
困るのは、メールアドレスを間違える人。
「返事が来ないけどどうなってる?」と連絡をしてくる人がいる。
あと、複数のメールアドレスを持っている人も、問合せは、ひとつに統一したほうがいいですね。
毎日たくさんのメールが来るので、追跡できず、埋もれてしまいます!

 

②モデル面接「遅刻欠席NG・持ち物も完璧に」

無断キャンセルはチャンスの喪失

Kaori:
面接希望者の予約メールは、毎日やってきます。それもたくさん。
申し訳ないことに、面接が1ヶ月以上先になってしまうことも多いですね。
すると、忘れちゃうのか、気が変わっちゃうのか、当日来ないという人もけっこういる……。

くっつー:
連絡もなくキャンセルした人の2度目の面接予約は、基本的にはおことわりしています。
スケジュールにも余裕がないし、いざ仕事になったときに、ドタキャンされる可能性も考えますし。

 

時間厳守。遅刻はずっとレッテルを貼られます

睦実:
遅刻もだめ。「面接から遅刻した」と印象が残るので、この人は遅刻する人という、レッテルがずっと貼られます!

Kaori:
実際の現場は大勢のスタッフがいるので、モデルが遅刻して撮影が遅れるなんてことになったら、大クレームですもんね。

睦実:
だからといって、来るのが早すぎるのも困るんですよ(笑)。
せめて5分前、もしくはオンタイムがいいですね。

 

持ち物は準備万端か?

くっつー:
持ち物忘れる人、けっこう多いんです!!
必要なものは、面接予約の段階でメールで送っているので、かならず持ってきてほしいです。

Kaori:
うちの事務所だったら、何が必要なんですっけ?

くっつー:
パスポート、在留カード、写真とパフォーマンスのデータ。
あれば、マイナンバーカード、銀行のキャッシュカード。
あと、写真撮影用の着替えと、それに合わせた靴があればベストです。
(※2018年11月19日現在。登録に来る方は現在の情報を確認してください)

サバ缶:
契約書と、仕事についての説明ビデオも送っているので、事前にしっかり見てほしいです。

睦実:
これは大事です!
わたしたちは契約書にサインをしてもらうことより、この業界のルールを理解してもらいたい。だからビデオを作りました。
たまに見てこない人がいますが、やる気のない人と判断しますし、トラブルがあると怖いので、仕事を依頼できません。

Kaori:
すべて事前に送っているので、準備をお願いしますってことですね。

くっつー:
面接に来てもらったときに、必要なデータはぜんぶ貰えて、「コンポジットさえ作れば、お仕事準備OK!」っていうのがベスト。
帰ったあとにやりとりするのは、正直時間かかりますし、そのぶんだけ仕事のチャンスは遠のきます。

 

※コンポジット=モデルが仕事の際にクライアントに提出するプロフィールシート。

パウリーナのコンポジット
事務所がカッコイイものを作ってくれます!

 

③モデル面接「ファーストインプレッション」

ファッションは清潔感が大事です

Kaori:
「面接にはどんな格好で行けばいいのか?」これは気になるところですが。

睦実:
第一印象が大事です! 清潔感がない人はダメ。
汗のにおい、香水、化粧品のキツいにおい。
それと体臭・口臭のケアにも、気をつかってほしいですね。
体臭については、仕事のときに、衣装ににおいがついてクレームが来ることもあります。

Kaori:
撮影でも、みんなデオドラントを使ってから衣装を着ますしね。

睦実:
それと、ぐしゃぐしゃのシャツとか、袖口や襟が汚れているのを見てしまうと、私生活がだらしないのかな?って感じてしまいます。
これも、衣装を粗末に扱うんじゃないかって、心配になる。

サバ缶:
自分は、髪がバサバサだと、ちょっとなー……と。

Kaori:
外から来るから大変だろうけど、コンポジット用の写真も撮るわけだし、髪も清潔感、左右するよね。
服装はどうでしょう?

睦実:
ボディラインが見えないと、意味がない!
男女共通で、ピタッとしたもの……たとえば、タンクトップにスリムジーンズとか。白いTシャツでもいいですね。これにジャケットを羽織れば、スタイリッシュにも見えます。
色は、白や黒、紺が無難ですね。大きな柄やキャラクターものは撮影では映えません。
あと、メガネや帽子が似合う方は、ぜひ持参してください!

Kaori:
靴はどうでしょう?

睦実:
女性は、スニーカーより、ヒールがいいです。
よほどスタイルが良ければいいんですが、スニーカーよりヒールのほうが脚が長く見える、ということくらいは、モデルを目指すのであれば思いついてほしい。
男性は、革靴ですね。

Kaori:
ファッションセンスもそうですが、自分をアピールするためのセンスも必要ですね。

 

個性的すぎるファッションは起用時のイメージを奪う

睦実:
だからといって、ロリータやゴシックファッションは、勘弁してください(笑)。
第一印象で、固定されたイメージが出来上がってしまう!

Kaori:
イメージが出来上がると、仕事に影響しますか?

睦実:
わたしたちは、この人がどんなことに向いてるか、ぱっと見てイメージします。
「この子はウェディングにいけるな」、「教育系にいけるな」、という感じで。
だから、ロック、ロリータ、ゴシックといった個性的なファッションで来られてしまうと、想像がしにくい。

Kaori:
「ウェディングにぴったりな人」というイメージで探すときに、ゴリゴリにロックな人は思い出してもらえない。
つまり仕事の幅が狭まって、チャンスをすでに逃してしまう!

睦実:
モデルは「素材」なんです。
クライアントが持っているイメージが、先!

Kaori:
面接では、仕事の可能性を見られているわけですから、過度な見た目の個性は求められないんですね。

くっつー:
同じく、メイクも、濃すぎないほうがいいです。
気合いが入りすぎた、いわゆるケバいメイクは……。(笑)化粧の濃いイメージが残っちゃう。
たとえばダンサーで、かっこいい感じのイメージでやっていきたい、みたいな感じだったら、まあアリなのかなって気はしますけど。
でも、幅を持たせてほしい。

Kaori:
やっぱり、イメージをさせてほしいんですね。

くっつー:
そうですねえ。すっぴんも困るけど、厚すぎても困る。
キッズモデルはすっぴんでいいんですけど(笑)。

 

自分にどういうニーズがあるか想像するのも◎

サバ缶:
たとえばうちの事務所であれば、TVCMの仕事とか、広告系が多い。
「自分だったら、どういうCMで、どういうキャラで起用されるかな?」
って、イメージして面接に挑むのもオススメ!

Kaori:
CMのモデルだと、綺麗で背の高い、若い男女とは限らないもんね!
おじいさん、おばあさん、キッズ、がたいの良い人とか、キャラクター系も求められる。

サバ缶:
個性的すぎる格好はよくないけど、たとえば、「暖かい家族のお父さん役に向いてるかな?」って考えて、そういうイメージをさせる服装で来たり、服を持参したり。

Kaori:
なるほど。

くっつー:
でも、年齢と合ってないファッションは困りました……。
30代の人が、フリフリの少女のような服を着て来られたり……(笑)。

Kaori:
趣味だと、どうしても難しいところ(笑)。
とにかく、面接ではコンポジット用に写真も撮るので、「使えない格好」だと困るわけですね。

サバ缶:
極端な話、事務所に「5歳の子どもを探してます」っていう依頼が来たりする。
そのときに、バッチリ化粧した、ものすごく大人びた写真しかなかったら、相手はイメージしにくい。(笑)
だから、せめて1枚は、年相応の、ニーズにはまりやすいような写真を用意したい。

 

民族衣装の持参もぜひ!

くっつー:
あと、自分の国に民族衣装がある人は、どんどん持ってきてほしい!

Kaori:
着替えるのが大変な場合とか、写真を持参でもOK?

くっつー:
ちゃんとした写真なら、むしろ助かります!

 

(1)まとめ

①モデル登録フォーム入力〜面接の予約
・事前の説明をよく読み、不必要な問合せはしない
・Webやメールの扱いに慣れておく

②モデル面接本番「遅刻欠席NG・持ち物も完璧に」
・ドタキャンは即チャンス剥奪
・遅刻もNG。オンタイムか5分前に来る
・仕事についてのビデオをかならず見る
・当日の持ち物を忘れると、仕事のスタートが遅れる

③モデル面接「ファーストインプレッション」
・清潔感、においのケアは大事
・ボディラインのわかる服装で来る
・個性的すぎるファッションやメイクは避ける
・この業界で自分にどんなニーズがあるか想像して、それに合った服装を持参するのもあり
・外国人は民族衣装と着用した写真があるといい

続きは(2)へ!

 

高橋 睦実(Mutsumi Takahashi)

株式会社フリー・ウエイブ代表。茨城県・水戸市生まれ。1989年アメリカ法人「スター・ダンス・コネクション」日本事務局代表に就任。1992年、外国人ダンサーやモデルをマネージメントする有限会社フリー・ウエイブを立ち上げ、2003年に株式会社に改組。業界屈指の大規模外国人モデル事務所になる。趣味はジャズを歌うこと。猫好きで動物愛護団体への協力もしている。

President of Free Wave Co., Ltd.
Born in Mito, Japan. In 1989, appointed as the Head of Japan office of Star Dance Connection. Established Free Wave Co., Ltd. which represents and manages international dancers and models later becoming one of the top international model agencies in Japan. She likes jazz and cats. She is also working towards saving animals from cruel treatments